So-net無料ブログ作成
検索選択

扇風機 [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。
今日は曇り空であまり出掛ける気がしないので記事連投です。

中々思うようにZwiftが出来ないうちに、梅雨入りどころか梅雨が明けてしまい、真夏日やら猛暑日やらが続くようになりました。

こうなると、ローラー台にはつらい季節です。

Zwiftスペースのあるガレージには、エアコン用の電源は引いてありますが、そこまでして追い込むつもりはありません。
とは言え、やはり滴る汗は大きくやる気を削ぎます。

そこで扇風機です。

一般的には、ローラー台を回す人は工場扇を使うようですが、うちの場合スペースが確保できません。
DSC00142s.JPG
DSC00143s.JPG
このように自転車の目の前はもう壁。左右はバイクに挟まれ、工場扇の足を開くスペースがありません。
壁掛けにしても物の出し入れに邪魔になりますし、何かいい手はないか・・・とAmazonを徘徊して見つけました!

DSC00433s.JPG

アメリカ製20インチボックスファン!
後ろのArionの箱に負けてません。
20インチって事は、およそ50cm。工場扇の多くが45cmであることを考えると、期待が持てそうです。

中身はこんな感じです。
DSC00434s.JPG

ファンは大きくても厚みは11cmほどの超薄型。
重さも3kg以下と持ち運びが苦になりません。

早速Zwiftスペースに設置してみました。
DSC00435s.JPG

目の前にあるルーバー窓にピッタリはまって、まるで測ったかのようです。
窓枠に対しては右側に少し隙間があるように見えますが、ルーバー窓を開閉するレバーがあるのでこれでギリギリ、というか、若干押し込む感じになります。

肝心の使用感ですが、若干風速が足りない感じはありますが、風量自体はあるため汗の発散には役に立っているようです。風速は3段階の切り替え式ですが、ローラー使用時はもちろん最強です。
そうすると音はかなり煩くなりますが、Zwiftのプレイ中の音が聞こえなくなる程ではありません。
ただ、ガレージの反対側で鳴らしているラジオはほぼ聞き取れなくなってしまいました。

スペースが確保できる方には工場扇をお勧めしますが、スペースが苦しい場合には選択肢に上げても良いと思います。


タグ:zwift
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

結局ANT+。。。 [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。
前回の更新から出張が重なったりZwfitの不調に進展が無かったりで放置してしまいました。

で、そのArionがZwiftにBluetoothで接続できない件。

継続的にZwiftのサポートの方とやり取りを続けてきました。
PCのドライバをアップデートしたり、iPod touchのOSをアップデートしたり・・・
他のBluetooth機器を全てオフしてみたりも試しましたが、結局は安定して接続する事が出来ませんでした。

この中でわかったのは、

1.Mobile linkアプリが認識出来ていないBT機器は、PC側のペアリング画面で繋がったように見えても実は繋がっていなくて、ペアリング画面を抜けるとシグナル無しの状態になってしまう事。
IMG_0202.PNG
この状態では、心拍センサーとケイデンスセンサーのみ認識されています。

2.そして、iPodの方で、機内モードオン → オフを何度か繰り返すことでMobile linkアプリがBT機器を捕まえるようになる事。
IMG_0231.PNG
Arionが認識されています。

3.ここまで持っていければ、仮にPC側の接続画面でシグナル無しになっていてもiPodのBluetoothオフ → オンで接続できる事。

このように法則性は見出しましたが、機内モードのオン → オフを何回繰り返せば接続できるのかが安定しないため、事実上は「使えない」状態でした。

最終的に、サポートの方でもお手上げといった感じで、ANT+接続を試す事になりました。

入手したANT+ドングルをPCに刺し、ドライバがインストールされるのを待ってテストを開始。

その結果、Arionの接続は一発で出来るようになりました。
そして、その他のBT接続していた他のセンサーですが、こちらもMobile link経由できちんと認識され、両立が可能でした。

実は、「ANT+で接続」と聞いた段階で、「センサー類も買い替えかぁ」と少し憂鬱な気がしていたんですが、杞憂に終わりました。

因みに、ペアリングの設定はこんな感じです。
IMG_0234.JPG

右下の「スマートトレーナー」の選択肢は、2種類(最初は3種類だったかも)出てきます。
IMG_0235.JPG
ここで、最初「Elite RealTrainer」の方を選択したんですが、これだと負荷コントロールが効きません。「ELITE FE-C」を選択することで負荷コントロールが効くようになります。
ただ、負荷の効き具合がBT接続時に比べてかなり強く、真ん中ぐらいに設定していた設定画面の「トレーナー難易度」を10%くらいの所まで下げないとかなりキツくなりました。
IMG_0236.JPG

これでまたZwiftを楽しめそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

トラブル解決・・・・か? [自転車]

こんにちは。Zwiftの不調が心配で外ライドに出かけられないネコノヒタイです。

さて、その不調のZwift。
今日もトラブルシュートを試みました。

まずは、iPodのMobile Linkアプリです。
iTunesに古いバージョンがあったので、そちらに入れ替えてテスト。

やっぱりダメ。

ちなみに、PC側のアプリは昨日一度アンインストールしてから再度インストールしてみましたが、こちらは初回の起動時にアップデートが走るため強制的に最新バージョンになってしまいます。

うーん、他に手はないか・・・
アイディアが浮かびませんが、ArionのACアダプタを刺しているコンセントの位置を変えてみます。
今まで、6口のタップの一番端にACアダプタを刺していました。

DSC00276s.JPG

この6口には、他にPCと蚊取り器しか繋いでいないので、2つずらしてみます。

DSC00277s.JPG

この時、ACアダプタのプラグ部分を一度外して付け直してみました。

DSC00278s.JPG

これで試してみたところ、見事に信号をロストせずに動いてくれました!
頭の中は「???」でしたが、取り敢えずWatopiaのマウンテンコースを一周するまで全く問題ありませんでした。

ライド後、検証のためにもう一度コンセントの位置を戻したところやはり信号をロスト、再びずらしてみると・・・やはりロスト。
もはや何をやっても接続されません。その内ローラー台だけでなくさっきまで正常だった心拍センサーやケイデンスセンサーまで拾わなくなってしまいました。

Arionには、ステータスを表示するような物は付いていないのですが、ハウジングの中に赤いLEDがついています。

DSC00279s.JPG

これがスリットを通して外から見えるんですが、電源投入時は点滅しています。
そして、ペアリング画面では点灯に変わりますが、ペアリング画面を抜けると暫くして消えてしまいます。正常に接続している時の状態がわかりませんが、どうもアプリ側から切断しているような挙動に見えます。

ググってみると、Arionに限らずElite社のスマートトレーナーでBT接続時にパワーソースとして認識されない事例があるようで、実は根の深い問題なのかも知れません。

結局、解決ならず、むしろ悪化したかも知れない週末でした。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Zwift不調 [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。

連休明けてから一週間フルに仕事が全開で参りました。
来週の会議を乗り切れば少し楽になるはず・・・

さて、相変わらず連休中もZwiftしてましたが、色々とアプリがアップデートされましたね。
PC側は日本語対応やコース選択時にマップが表示されるようになったり、Mobile Linkは画面構成が変わったりと色々変わりました。

その影響なのかわかりませんが、ライド開始時に心拍センサーやローラー台のセンサーを見失うようになりました。

連休中最後に乗った時には、30分以上格闘してなんとかライドにこぎ着けたものの、昨夜と今日、どうしてもローラー台を安定して認識することが出来ずにライドを諦めました。

最初に私の環境を書いておきます。

PC:Windows7
ローラー台:Elite Arion Digital Smart B+
心拍センサー:OREGON SCIENTIFIC SZ999
ケイデンスセンサー:TOPEAK PanoBike Speed & Cadence Sensor
Mobile Link:iPod touch 5th (iOS8.3)


最初の起動時のペアリングではちゃんとパワーメーター/スマートトレーナー、スマートトレーナーの2つがペアリングされます。
その後、コースを選択してライド画面になると、パワー表示が「ーー」になってしまい、いくらペダルを漕いでもパワーは表示されません。

IMG_0171.JPG

この状態でペアリング画面を表示させると、こんな感じで「シグナル無し」と言われてしまいます。

IMG_0172.JPG

ただ、この状態で少し待つか、ちょっとクランクを回すとすぐに接続されます。

IMG_0173.JPG

これでライド画面に戻るとまた「ーー」になって・・・以下ループ。

どうやらペアリング画面だけなら安定して接続されるようなのですが、閉じた瞬間に接続が切れるようです。

心拍センサーとケイデンスセンサーはライド画面でも反応しているので、たぶんMobile LinkアプリとArionの接続だろうと思い、iPodのOS側のBluetooth設定画面をモニターしてみると、接続が確立している時にはこのように「AD」というのが「自分のデバイス」の下にあって「接続済み」になっています。

IMG_0175.PNG

PC側のペアリング画面を抜けた瞬間、この「AD」が「その他のデバイス」の下に移り、接続済みの表示が消えてしまいます。

IMG_0176.PNG

Arion側の問題なのか、アプリ側の問題なのか今ひとつはっきりしないのですが、Nexus9に入れてあるEliete My E-trainingを試してみると、パワーも速度も安定して測定されます。

じゃあ、って事でNexusにMobile Linkアプリを入れてみても、今度は心拍センサーやケイデンスセンサーすら認識されません。

先日機種変したXperiaでも試してみましたが、こちらは心拍・ケイデンス・スマートトレーナーは認識されるものの、パワーメーターの方が全く認識されません。

1494660628400.jpg

普段は無線LANで使っているPCまでLANケーブルを引っ張り、Bluetoothのマウスをオフにして、スマホを機内モードに・・・とやってみましたがダメ。

iOS版のZwiftアプリを試そうとおもったら、OSもハードウェアも対象外。

結局昨日今日で1ミリもライド出来ませんでした。がっくり。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ローラー台の効果 [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。

Arionが届いて、Zwiftを始めてから2ヶ月あまり。
その効果を実感しているのはこの前も書きましたが、改めてまとめてみます。

まず、導入初日の1月28日。Stravaのログはこんな感じです。

170128_Zwift_London.png

London ClassiqueからBox Hillに至る15.2kmを37分26秒で走り、パワーは平均121w/最大254w、心拍数は平均162bpm/最大177bpm。走り出してすぐに心拍数は150を超えています。

それに対してこの前の週末、4月9日。同じくStravaのログを見ると、

170409_Zwift_London.png

London loopを2周して、30.1kmを1時間7分14秒。パワーは平均134w/最大265w、心拍数は平均145bpm/最大176bpm。Box Hillを2回登っているにも関わらず、心拍数の平均は大きく下がっています。

それでは、Box Hillだけを取り出してみたらどうでしょうか?

BoxHill_Result.png

全部で7回登ったうち、1月28日の1回は3番目に速いタイム、4月9日は1回目が5番目、2回目が2番目のタイムになっています。
1月28日 vs 4月9日-1回目では、パワーは135w / 130wで近い値ですが、心拍数は172bpm / 142bpmと大きく下がっています。
同じく1月28日 vs 4月9日-2回目では、今度は心拍数が172bpm / 171bpmと近いですが、パワーが135w / 184wと50wもの差がついています。

それぞれの区間のグラフはこんな感じです。

1月28日
170128_Zwift_BoxHill.png

4月9日-1回目
170409_Zwift_BoxHill_1.png

4月9日-2回目
170409_Zwift_BoxHill_2.png

LSDを意識するようになって1ヶ月あまりですが、こんなにも効果があるんですね。
いや、元々がダメ過ぎただけ[exclamation&question]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日もやっぱりZwift [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。
今日は絶好のローラー日和でした。[爆弾]

先週乗れなかった分を取り戻すべく今日もZwiftです。

IMG_0077.JPG

・・・おい。

って、エイプリールフール仕様だったんですね。

WatopiaのFlat routeを3時間20分、100kmちょい走ってレベルが11に上ったところで終了。

IMG_0083.JPG

ところで、今まで2時間以上のライドだと尻痛が酷かったんですが、先日新しく格安のレーパンをゲット、本日試したところ少し楽になった気がします。
快適、とまではいきませんがライド後の尻痛は緩和されました。

とは言え、やはり3本ローラーでの長時間ライド、根本的にはやはり立ち漕ぎ(ダンシング、なんて言うほど華麗ではない)をマスターする事が必要なんでしょうね。
未だにドリンクを飲むのもうまく出来ません。ちょっと出来るようになったと思って調子に乗って、脱輪・転倒したのがトラウマになってます。[あせあせ(飛び散る汗)]

それにしても、なかなかコンスタントに乗れないせいか、お腹周りのぽっちゃり感が減るどころか増えている気がする・・・[むかっ(怒り)]
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

LSD [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。

相変わらず平日は時間が取れませんが、時間が取れる週末にはZwiftしてます。

さて、ローラーを導入しようと思った動機は、ここに書いたように、LSDで心肺を鍛える事でした。

最初のうちは、Zwiftにログインした時にコースを選べることに気付かず、やたらと山を登らされてました。Arion Digital Smart B+はコースの勾配に合わせて負荷が変動するので、結構心拍数が上がってしまいます。
ですが、WatpiaならFlat route、LondonならClassiqueを選択すればほぼ平坦なコースになるので、気付いてからはこれらのコースでLSDになるよう心拍数を指標としてペースを作っています。

管理する心拍数は、(最大心拍-安静時心拍)×運動強度+安静時心拍で求めます。

この最大心拍ですが、有名なのは220-年齢という公式です。ですが、これで求めた値だと50歳間近の私の場合170くらいになるわけですが、今までのライド中の実績では185まで上がっています。
オールアウトするまで追い込めばもう少し上がるんでしょうけど、流石にそのような環境もないですし、たぶんそう大きくは違わないだろうという事で185としています。

安静時心拍は、昨年夏に測った時の54を使用して、LSDに適した心拍数を計算すると、

運動強度0.6~0.7(脂肪燃焼ゾーン):134~146
運動強度0.7~0.8(有酸素ゾーン) :147~159

となるため、ライドの前半は130台、後半は140台を目標にして回すようにしています。

これで、100km、100マイルを走ってみたところ、少しずつ効果が出てきたようです。

心拍数の上がるペースが遅くなり、目標の心拍数まで上げるためには以前よりも高い出力が必要になりました。
以前なら、1.7W/kgくらいで心拍が上がってきて、1.9W/kgキープが適正だった感じなのが、それぞれ0.2~0.3W/kgくらい上乗せになる感じです。

また、安静時心拍を測ると50くらいに下がっていて、何となく体も軽い感じがします。心理的なものも大きいと思いますが、例えば朝のバス停までのダッシュ(笑)でも以前ほどゼェゼェしなくなりました。

残念なのは体重とウェストサイズが変わらない事ですが、しばらくこのLSDを続けてみたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ローラー用にシューズ新調 [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。

またまた、仕事が忙しくて更新がままなりませんでした。
帰宅して風呂入って飯食って、そのままホットカーペットの上で寝落ち・・・なんて生活じゃダメですよね・・・[バッド(下向き矢印)]

さて、ローラーでもビンディングシューズの方が膝に優しい事がわかったわけですが、今使ってるシューズはVITTORIA 1976というシューレースタイプ。
DSC00259s.JPG
Aquaを買った2012年当時、ビンディングシューズを買うにあたって「ベルクロじゃないSPDクリートで、MTBっぽくないやつ」という条件にハマったのがコレでした。
あまりガチに見られたくないし、レーパン・ジャージ以外の格好でも浮かないデザインの物が欲しかったんです。

で、そういう意味ではとても満足してるんですが、思い立った時にすぐにローラーに乗ろうと思うと、紐を結ぶのが結構面倒なんです。しかも、紐を結ぶだけじゃなくて、紐が遊ばないように処理しないといけません。(上の写真で右足側のつま先内側が薄汚れてるのは、遊んだ紐がチェーンの汚れを拾った結果です)ようやく靴を履き終わった瞬間、ボトルを持ってくるのを忘れたのに気付いてまた脱がなきゃいけない時の絶望感と言ったら。(大袈裟)

そんなわけで、ローラー専用にベルクロの安いシューズがないかしばらく探してたんです。
在庫の有りそうな店舗を幾つか回ったもののどこも1万円以上というのが最低ラインと言う感じ。
できれば5~6千円くらいで、と思ってたので、調査の範囲をAmazonやWiggleにも広げてみますが、やはり安いのはバカでかいサイズしか残ってなかったりして、今ひとつです。
唯一、CRCでGIROのシューズがBOA付きで1万円ほどになってるのがお買い得のような気もしましたが、やはり冷静になるとちょっと高い。

今日もそんなわけで店舗巡りをしてました。
大手スポーツ用品店とか、大手自転車チェーン店とかに行ってみるも戦果は無し。
やっぱりダメかなぁと思いながら、駄目元で某プロチーム系ショップに寄ったんです。

入口の扉には「アウトレットセール」の貼り紙。この時点でちょっと期待します。
中に入ると、それらしきワゴンにシューズが幾つか・・・

おお!GIROのTREBLE IIが当初の予算内!しかもサイズも行けそう!!
早速試着します。バッチリ、ピッタリです!!

DSC00258s.JPG

というわけで、クリートと共に速攻ゲットしてきました!

帰宅してから早速クリートを取り付け、ZwiftのLONDON CLASSIQUEを3時間少々、100kmほど走ってみました。
最初様子がわからずにベルクロをギューギュー締めたら足が圧迫されてしまいましたが、途中で少し緩めに直したら全く問題なしでした。
脱ぎ履きも格段にやり易く、とても良い買い物でした。

ちなみにこのシューズ、2穴と3穴の両対応なので、SLに移行しても使えるのがいいですね。

さて、今週は少し乗れるかな・・・?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

3本ローラーでビンディング [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。

しばらく更新が滞りました。
仕事が忙しかったり、ちょっと精神的に参ることがあったりとか。

おかげで、先週はZwiftも出来ずじまいでした。

これには、上で挙げた理由の他に、「ローラーに乗ると翌日膝が痛い」という小さな理由もありました。

実走だと100km乗っても膝が痛くなるなんて事はなかったんですが、ローラーだと1時間でも痛むんです。
いえ、自転車を漕いでる時には全然問題ないんです。
翌日、起きて2階の寝室から1階のリビングに降りるところから膝が痛くて力が入らない。
家を出て会社に着くまでの間も、なんとか歩けるけどダッシュは効かないし、地味に辛かったんです。

で、これをどうにかしないといけないって事で、実走と何が違うかを考えてみると、
・実走ではSPDシューズ
・ローラーではスニーカー
なんですね。

やっぱり3本ローラーって、いきなりビンディングだと、ね。

何もなしにただローラーの上でペダルを漕ぐだけならそうそうは脱輪したりしないです。

けど、Zwiftの画面に没入してるうちにいつの間にか自転車の位置がズレていって、あっと思った時には脱輪すること数回。
長時間ライドでボトルのドリンクを飲もうとしてバランスを崩すこと数回。

フラペ+スニーカーにだいぶ助けられてたんです。

けど、やっぱり膝が痛いのは困るし、原因を切り分けるために、昨日の日曜日、意を決してSPDシューズで乗ってみました。
ドリンクを飲む時にやっぱり脱輪しましたが、それ以外は割と普通に乗って、ワトピアのフラットコースを2時間、60kmほど走りました。
ついでにTrekミッションをコンプリート。途中ずーっとチリ人のライダーと付かず離れず、最後の方はスイス人の夫婦とも一緒に走って、中々楽しいライドでした。

で、明けて今日。
朝起きて全く膝に異常なし。\(^o^)/
これで心置きなくローラーに乗れます。仕事が忙しくなければ。[バッド(下向き矢印)]

ところで、ZwiftのログはSTRAVAに連携させてるんですが、昨日のログはなぜか知らない外人から「スゴイ」されるようになって、それはそれで楽しいんですけど、一体何なんだろう???
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ケイデンスセンサー [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。

ArionでZwiftする時のケイデンス測定はArion側の機能を使っていました。
下のスクリーンショットで、Power Source、Cadence、Controllable Trainerの3項目に「AD 75」と表示されているのがそれです。(Arion Digitalの略なのかな?)

zwift2.png

これで実用上問題ないかな?と思えるくらいの測定値が表示されています。

ところが、先日の日曜日のこと。
Zwift中、やたらと自転車が前後に揺れるのが気になりだしました。
3本ローラーに乗ることに慣れてきたのか、ペダリングが雑になってきたのかもしれません。
そう思い、ペダルが12時-6時の位置で足を前後に動かすような回し方を意識したとたん、ケイデンスの表示はあっという間に半分くらいに・・・

やはり、ローラー台が測定するケイデンスって、トルク変動を測ってるんですね。

さて、そうなるとやはりちゃんとしたケイデンスセンサーを用意したほうがいいのか?
そう思いましたが、良く考えてみればケイデンスセンサーは自転車に付いています。

なぜこのケイデンスセンサーの存在を忘れていたのかといえば、Arionを最初に使い始める時に試したEliteのアプリでは、このセンサーを認識させると他のセンサーが見えなくなってしまった事と、Zwiftのセットアップ時に自動的にArion側の機能をケイデンスセンサーとして認識していたからでした。

試しに、ペアリング画面でケイデンスセンサーだけ一度UnpairしてSearchし直してみると、ちゃんと「PanoBike BLE CSS」が見えます。

IMG_0043.JPG

これをペアリングしてみたところ、ちゃんと使えるじゃないですか。
危うく、Eliteのケイデンスセンサーを手配するところでした。

それにしても、巷ではZwiftといえばANT+が必須であるかのような情報が沢山見受けられますが、完全Bluetooth環境でもちゃんと使えるんですね。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク