So-net無料ブログ作成

今日もZwift [自転車]

こんにちは。ネコノヒタイです。

昨日のローラーのお陰で今日は朝から少し筋肉痛です。
でも、せっかくZwiftが出来るようになったので、今日も走ってみます。

今日も引き続いてロンドン市内を走ります。
なるべく負荷を上げないように、フラットなコースを選びながら走ります。

そう、Zwift上では、コースに分岐があると画面上でどちらへ行くか選択出来るんですが、その度に自転車を降りてクリックしなければなりません。ちょっとめんどくさい。

けど、今日も人がたくさん走っていて、本当に飽きません。
なるべく心拍を上げないように、スプリントポイントも無視して流します。

しかし、いつの間にかヒルクライムポイントに突入してしまいました。
まぁでも昨日の感じからするとそんなにキツイ感じではなかったので、行ってみることにします。

あれ?昨日登った山と同じと思ったけど、なんか違う?
所々で勾配が10%を超えてきます。

10%以下ならローラーの負荷も大したことありませんでしたが、10%を超えるとグッと負荷が高まります。
思わずフロントをインナーに落としてしまいました。かなりの負荷です。
負荷の切り替わりはとてもスムーズで、ペダリングを止められるような感じでいきなりガツンと来ることはありません。

なんとか登りきってみると、昨日登った山の反対側でした。

その、昨日登った側にダウンヒルして、さぁ市内に戻ろうと思ったらラウンドアバウトをくるっと回ってまたヒルクライムに行こうとするじゃないですか!

おいおい、今日はもういいよ、と思ってUターン出来ないかとメニューを出してみましたがそれらしい項目は無し。
けど、iPodのアプリの方に、何やらそれらしいボタンがあるのに気付きました。
何度もタップしてみますが、画面上の自分はちっともUターンしません。

結局、またヒルクライムに突入してしまいました。

もうあまりやる気は無かったんですが、ちょうど同じくらいのペースで登ってくる日本人の方がいて、思わず抜かされまいと意地を張ってしまいました。

結局この山を登って降りて、少し平地を走ったところまでで今日は終わりにしました。


後でUターンの仕方を調べてみたら、やっぱりiPodのアプリで出来るようです。
単純にタップするんじゃなくて長押しなんですね。

それと、コース選択も同じように分岐点に来るとアプリにボタンが出てくるようです。

晩飯の後に確認してみましたが、確かにアプリの動作としては出来るようですが・・・・
ステムのスマホホルダーに付けたiPodを走行中に触ることが出来ません。
そんな事したら間違いなく転倒します。これも今後の課題ですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0